« 「学習性無力感」について | トップページ | 「環境」に働きかけることで「行動」は変容する »

人生初の一等賞

6年生のYくん(ダウン症)の最後の「運動会」でした。
そして私にとっても、教員生活最後の「運動会」でした。
徒競走は100m。
これまでは、10mほどのアドバンテージをもらって参加するもダントツの最下位。
今回は、交流学級の担任の提案で、ゴールで競り合うぐらいのアドバンテージをもらうことになりました。もちろん、クラスの子どもたちも了承済み。

スタートラインに立つと、ぽつんと1人だけ前に入る感じでした。

そして出発の音!

あっという間に、大きな差は縮まっていきます。

ゴール間近は、Yくんを応援する大きな歓声で沸いています。

さすがに、今回も・・・と思った瞬間

Yくんのギアがオーバートップに入ったのです。

今まで見たことのないスピードで、

Yくんは笑いながらゴールテープを切ったのでした。

会場は、大きな歓声が続いていました。
応援しに来てくれた、保育園時代の先生も、放課後デイの友だちも、自分のことのように喜んでくれていました。

Yくんにとっても、Yくんのご家族にとっても、私にとっても、
生涯忘れることのない、「瞬間」になりました。

もしかすると、人生には、誰にも「輝かしい瞬間」が用意されているのかもしれません。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「学習性無力感」について | トップページ | 「環境」に働きかけることで「行動」は変容する »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生初の一等賞:

« 「学習性無力感」について | トップページ | 「環境」に働きかけることで「行動」は変容する »