« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

「方向」を示すこと

とても難しいケースでの保護者相談がありました。

10年先を見通した支援の方向性はもちろんのこと、

本人にとっての「幸せ」とは何なのか、

「人生」とは何なのか、も展望できる相談にできたと思うのです。

始めは、とても曇った表情の親ごさんが、

帰るときには笑顔になられたことが、

なによりもうれしかったのです・・・

どこかに「丸投げ」するのでなく、

専門用語で「雲に巻く」のでなく、

本当に大切な「方向」を提示できる心理士に、

これからも努力してなりたいと思った一日なのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「環境」に働きかけることで「行動」は変容する

先日の「第13回日本臨床発達心理士全国大会」の「還流」です。

今回は記念講演「応用行動分析の活用」で学んだことです。(以下、あくまでも私的な感想です。)

これは前々から思っていることですが、「発達障害」=「不適応」ではありません。
何らかの条件のもとで生まれてくるのです。

環境との相互作用で「行動」が生まれるという考え方をすることによって、「不適応」行動を適切な行動に改善することができるといえるのです。

そのためにはいくつかのアセスメントが必要になります。

①機能的アセスメント
ABC分析を行い、その行動の「機能」を考えます。問題行動であっても、本人にとっては必要不可欠な行動であることも多いのです。

②生態学的アセスメント
行動は環境との相互作用で起こります。行動が起きる物理的・人的な要因を特定することも必要です。ある行動が、いつ・どこで・誰となら起きるのかを特定できると、その子だけへの支援では解決できなかったことが、「環境」への働きかけ(支援)で解決できる・行動を替えることができます。

③好みのアセスメント
その子に応じた強化子を探ることが大切です。その子の「生活自体」が豊かになる強化子を見つけることが大切だと言えます。

④生活様式アセスメント
行動が起きた場面だけでなく、それまでの数時間で何があったのかを振り返る。また、その子の一週間の生活リズムや一日の流れの中に要因があるのかもしれないと探ることも必要です。

⑤生活史(行動の歴史)アセスメント
周りの人にとって「不適応行動」になってきた経緯を明らかにすることで対応策が見つかることもあります。

「不適応行動」に対して、事後的対応(注意する)では改善することは望めません。環境に配慮する(予防的対応)、適切行動を増やす(建設的対応)ことで初めて可能になるといえます。
支援者や周りの環境が「不適応行動」の要因となっている可能性もあると自覚すること、行動の「善悪」ではなくその「機能」に着目することが大切なのだと改めて感じる内容でした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »