« 項目:N | トップページ | 項目:Q・R »

項目:O:P

OrganicSign  Piotrowski,Z.A. 脳の機能障害の有無を査定 ロールシャッハ

P 交流分析 親の自我状態

P300 事象関連電位(ERP) オドボール課題などの弁別課題に対するP300(P3)

PDPモデル(コネクショニストモデル) Rumelhart,D.E. 並列分散処理モデル「創発」

Pearsonの関連係数 2つの変数が共に名義変数の場合持ち入れられる

PET 脳画像化技術 陽子放出断層撮影

P-Fスタディ Rosenzweig,S. フラストレーションに対する反応や欲求不満耐性を査定

PM理論 三隅二不二(じゅうじ) P:目標達成 M:集団の維持 リーダーシップスタイル

PSW 精神保健福祉士

PTSD 外傷性ストレス障害

P値  有意確率 算出された統計量が、(帰無仮説が正しいとした場合に)自由率と危険率に照らしてどの程度の確率で起こるか

現任者講習会の申し込みが何とかうまくいきました!

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 項目:N | トップページ | 項目:Q・R »

公認心理師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 項目:O:P:

« 項目:N | トップページ | 項目:Q・R »