« 「神様が存在するらしい」 | トップページ | マスク依存症 »

心の授業 第2弾

1学期は、中学3年生対象に「ストレスコーピング」の授業を行いました。

今週から、中学2年生対象に「リフレーミング」の授業を行っています。まずは、2クラスの授業を終えました。

自分や友だちの「短所」をリフレーミングすることで、自分のことや友だちのことを「ポジティブ」にとらえ直すことができるようになってほしいとの思いでこの授業を組み立てました。

授業の感想には、私の予想以上の「14才の思い」が綴られていました。

・人間が怖いなってずっと思っていました。今でもそう思います。だけど今日の授業で、人にもいろいろな部分があることが知れたので、少しは人についていけるようになれたのかなって思います。本当の自分でいたらきっと嫌われるとか、友だちを信じていて裏切られたことがありました。辛くてどうしていいかわからずやっぱり人は信じちゃあかんのやとか、自分らしくいたらあかんのやとか思っていました。

・自分の考えも人の考えも理解するにはどうしたらいいか、苦手な相手とよい関係でいるにはどうしたらいいですか?私は頭の中でいろんなことを考えていて気にしすぎる時があります。気持ちを楽にする方法を教えてください。

・リフレーミングをすることで自分のことを責めたり、自分を嫌になったりとか、そうゆう、自分を傷つけたりすることがなくなったりするんだな、と思いました。自分を傷つけている子が自殺などをするんだから、自分が嫌になったり、気持ちがドヨーンとしたりしているのなら、人に相談したり、リフレーミングしたり、深呼吸をしたりとか、色々と対処法はあるんだから、自分だけでは悩まず、色々な人に話したりすると、自分の気持ちも落ち着いたりすると思いました!これだけはわかりました。「絶対一人では悩まないコト」

授業だけでなく、しっかりとあの子たちと話をしていきたいとも思ったのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「神様が存在するらしい」 | トップページ | マスク依存症 »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の授業 第2弾:

« 「神様が存在するらしい」 | トップページ | マスク依存症 »