« システムズアプローチ | トップページ | 「焦り」は禁物 »

リフレーミング 授業の感想 その2

中学2年の6クラス。クラスによって雰囲気が全く違います。

ぐっと集中して、考え話し合えるクラスもあれば、仲間の発言を聞くことができないクラスもあります・・・

雰囲気は違っても、一人一人の受け止め方はとても真摯なものだったと感想を読んでいて感じました。


・自分の短所をリフレーミングすることで、少しネガティブ思考からポジティブ思考になれたらいいです。悪いことばかり考えていてもいいことがないと思うので、この授業で習ったことを今後活かしていきたいです。
・見方を変えるだけで、短所が長所になるということはすごいなと思いました。それを考えるだけで自分が表現が豊かになったと思いました。人のことも他人が見てどう考えるかは勝手だけど、それでいじめたりするのは違うだろうと思います。
・自分の短所をリフレーミングすることも大事だと思うけど、友だちのイメージなどをリフレーミングしてみることも大事だと思いました。そうするとその人との関係が変わると思いました。
・人のイメージは周りが決めていることであって、あの子は「暗い」から話しかけるのはちょっと・・・ということがあっても「暗い」と言うのは周りが決めつけているだけで実際に話してみないとわからないと思いました。
・自分の中にある短所も、見方を変えるとポジティブな考え方に変わりました!そうやって考えると、心も軽くなった感じがします!普段生活している中で悩むこと、不安に思うこと、色々あるけれど、リフレーミングして前向きに考える。それが毎日楽しくすごすために大切だと思いました。
・私は、人前で話すときにすごく緊張してしまうので、これからは姿勢や呼吸のしかたを意識しようと思います。何か嫌なことがあって悩んだ時もポジティブに考えるだけで、心が楽になるんだなと思いました。なので、これからはリフレーミングをたくさんして、ポジティブに考えようと思います。
・「リフレーミング」は人の気持ちの持ち方が変わることがわかった。今までマイナスのイメージがあった言葉も、よく考えたらプラスな思考に変わっていた。これからはマイナスにとらえずにプラスの枠にあてはめたい。


あと2クラスの授業は今度の火曜日です。

1年生の授業も予定されているので、どんな内容にしようか考え中です。



 

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« システムズアプローチ | トップページ | 「焦り」は禁物 »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフレーミング 授業の感想 その2:

« システムズアプローチ | トップページ | 「焦り」は禁物 »