« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

依存症と・・・

こころの科学「中高生のためのメンタル系サバイバルガイド」松本俊彦編 日本評論社

を読んでいました。

目次はこんな感じです

くらし
恋愛と性
くすり
やめられない・とめられない
いのち
わるいこと
親のこと

今まさに思春期ど真ん中のあの子たちに伝えたいことばかりでした。

思春期には「悩み」がつきものなのですが、近年はその解決のための「つながり」が希薄化、バーチャル化しているために、「リアル」な解決が難しくなっていると感じています。

どの時代にも「依存」は存在していましたが、ここまで低年齢化していることは大きな問題だといえます。

不登校・自傷・関係妄想・不安症・摂食障害・・・
どれも「依存症」との関連を見定めながら解決への糸口を見つけていきたいと考えています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「果てしない努力」

昨日一日でネット検索、印刷、読了した論文は

愛着関連で
「発達障害と区別すべき小児期における社会機能の障害」
「対人発達困難に関わる支援‐愛着臨床としての子どもの支援‐」
「愛着に課題のある子どもを育て直す「チーム学校」の可能性」
「思春期問題の背景にある愛着障害について」
「児童青年精神科医療入門」
「虐待の子どもへの影響」
「虐待と子どもの心理」
「愛着障害および発達障害の特別支援教育に関する一考察」

治療構造関連で
「治療構造論と学校臨床」
「学校心理臨床における「相談構造」試論」
「学生相談における枠組みについての一考察」
「常勤型スクールカウンセラーによる枠組み作りの工夫」

ざっと12本
知見は「尽きない」ですし、求められているレベルも「限りない」と感じることしきりなのです。
やっぱり支援者には「果てしない」努力が必要なのですね・・・

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの絵をどう見るか

今日一日、描画心理学関連の論文や書籍にのめりこんでいました。
今では、かなりエビデンスも確立してきたようです。

絵画の「力動性」分析として
1 人物像の位置
2 人物像の大きさ
3 人物像の省略・抹消
4 人物像の向き
5 人物像間の距離
などがあげられるとのこと。

私の得意とする「家族関係模式図」でも、これから身に付けたい「FAST」でも位置や向き、距離は重要な要素です。

一番大切なことは、子どもの絵から見えてきたことから、
困難があるのならばどう支援するのか、
どのような家族の形がその子にとって「幸せ」なのかということなのです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストカットと依存症

カウンセリングのために「リストカット」について調べていました。

若者の1割は自傷していること。
この1割のうちの6割が10回以上切っていること。
習慣化しやすい原因がどうもエンケフェリンやβエンドルフィンが関与しているらしいこと。

ちょうど先日、中学1年生対象の「こころの授業」をいているときにも脳内物質の話をしていたので、いろんなことがつながってきました。
SNSの「いいね漁り」や戦闘型ネットゲームの「フォートナイト」で出てくる物質も「依存」につながる・・・

「依存」はさらに強い刺激を求めることとなります。

どの段階で、どのようにしたら自らコントロールできるのか・・・

じっくりと話を聞きながら、探し出していけたらと思います。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「困難事例」

教育委員会の主催でスクールカウンセラー研修会があります。

「困難事例」を持ち寄って話し合うとのこと。
「困難事例」ってなに?
これは誰にとっての「困難」?

今一番「困難」なのは、
カウンセラーや支援につながることができずに、
「事例」とならない子たちなのではないか・・・
なんて考えたのでした。

半ば押しかけ気味に担任の先生と家庭訪問をしたり、
手紙を書いて渡してもらったり、
先生方の協力を得て、
こちらからのアプローチできたケースがいくつもありました。

相談室で待ってるだけでは、
「あかんよなあ~」なんて思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開業しました!

第一回公認心理師資格試験の合格を機に開業しました。

「いとう発達・心理相談室」という名前で、三重県四日市市を中心に活動します。

活動内容は
・保護者向けの相談活動
・子どもたちへの発達・学習支援
・支援者に対するコンサルティング
などを行います。

詳しくはホームページやフェイスブックでお知らせしていきます。
こちらのブログについては、今まで通り続けていきたいと思っています。
130万アクセスも間近、記事数は1000を超えました。

「ちりもつもれば」ですね~♪

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »