« 「困難事例」 | トップページ | 子どもの絵をどう見るか »

リストカットと依存症

カウンセリングのために「リストカット」について調べていました。

若者の1割は自傷していること。
この1割のうちの6割が10回以上切っていること。
習慣化しやすい原因がどうもエンケフェリンやβエンドルフィンが関与しているらしいこと。

ちょうど先日、中学1年生対象の「こころの授業」をいているときにも脳内物質の話をしていたので、いろんなことがつながってきました。
SNSの「いいね漁り」や戦闘型ネットゲームの「フォートナイト」で出てくる物質も「依存」につながる・・・

「依存」はさらに強い刺激を求めることとなります。

どの段階で、どのようにしたら自らコントロールできるのか・・・

じっくりと話を聞きながら、探し出していけたらと思います。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「困難事例」 | トップページ | 子どもの絵をどう見るか »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストカットと依存症:

« 「困難事例」 | トップページ | 子どもの絵をどう見るか »