« 開業しました! | トップページ | リストカットと依存症 »

「困難事例」

教育委員会の主催でスクールカウンセラー研修会があります。

「困難事例」を持ち寄って話し合うとのこと。
「困難事例」ってなに?
これは誰にとっての「困難」?

今一番「困難」なのは、
カウンセラーや支援につながることができずに、
「事例」とならない子たちなのではないか・・・
なんて考えたのでした。

半ば押しかけ気味に担任の先生と家庭訪問をしたり、
手紙を書いて渡してもらったり、
先生方の協力を得て、
こちらからのアプローチできたケースがいくつもありました。

相談室で待ってるだけでは、
「あかんよなあ~」なんて思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 開業しました! | トップページ | リストカットと依存症 »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

 以前、困難事例ではなく、援助度が高い事例と言おうというヒトと出会いました。
以来、この言い回し使っています。

 さて、公認心理師合格おめでとうございます。自分もなんとか合格しました。私はだからと言って何も変わりませんが。
BOGEYさん、SCさんになられてから世界と手だてが本当に広くなられてステップアップされたなと拝察しております。
開業に期待します。

投稿: けやき堂 | 2018年12月19日 (水) 15時12分

けやき堂さんコメントありがとうございます。
そして合格おめでとうございます~~♪

確かにSCになってから「援助度」の高い事例と出会うことが多いので、「世界と手立て」を拡げなければと必死ですが、なかなか追いつかないのが現状です・・・

これからが「スタート」と自分で自分のお尻を叩いております(笑)

投稿: BOGEY | 2018年12月19日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「困難事例」:

« 開業しました! | トップページ | リストカットと依存症 »