« 教師OBのできること | トップページ | 心の授業 「自傷」の理解 »

学童保育支援員研修会

2月6日(水)に三重県亀山市の「学童保育支援員研修会」でお話をさせていただきます。

お話するのは「今の子どもたちをどうとらえ、どう支援していくのか」という内容なのですが、今の学童保育の現状は知らないこともありますし、大変な状況であることも想像できます。

できるだけ、事前に知っておくべきだと思い、いろいろ調べていたら、
「日本の学童ほいく」(全国学童保育連絡協議会発行)の2016年11月号「学童保育における仲間関係づくりの大切さ」という記事に、

「つぎつぎに起こるトラブルや問題の発展に時間を取られて、その結果、指示・制止の多い保育に陥りやすくなっています。こうした保育の中で、落ち着かない、話が聞けない、大人の気を引こうとする、友だちに意地悪をするなどの行動がさらに発展し、それを抑えるためにいっそう指示や抑止が多くなるという悪循環が生まれてしまっています。」

とありました。
日常的に支援員さんたちが直面している課題に、「明日から取り組めること」も含めた内容にできればと考えています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 教師OBのできること | トップページ | 心の授業 「自傷」の理解 »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学童保育支援員研修会:

« 教師OBのできること | トップページ | 心の授業 「自傷」の理解 »