« 学童保育支援員研修会 | トップページ | 「訪問カウンセリング」の可能性 »

心の授業 「自傷」の理解

「心の授業」を以前実施した中学校と違う中学校でも依頼を受けて中学校3年生対象に行いました。

受験直前でメンタル的にしんどい子たちが増えてきたということでした。

リラクゼーションやストレスコーピングを中心にした授業ですが、脳内物質についても伝える内容にしました。

どうゆう解消法がいいのか、
やりすぎたらダメなこと、やっちゃダメなことも考えてもらいました。

「自傷・リストカット」の話になると、急に表情が変わる生徒がどのクラスにもいました。
どうも「リストカット率10%」は間違っていないようです。

「依存症と脳内物質」についての話と絡めながら、「自傷」についての話もしました。
ストレス⇒間違った解消法⇒依存
自分なりの正しい(やってもOKな)解消法を最後に考えあいました。

授業後の感想には、生徒たちの素直な感想がたくさんありましたが、「自傷」から抜けられない思いが書かれたものもありました。
残りわずかな期間ではありますが、担任の先生と共にサポートしていきたいと思いました。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 学童保育支援員研修会 | トップページ | 「訪問カウンセリング」の可能性 »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の授業 「自傷」の理解:

« 学童保育支援員研修会 | トップページ | 「訪問カウンセリング」の可能性 »