« 通級終了後の支援 | トップページ | 小学校SCとの引き継ぎ »

セカンド・サードオピニオンの重要性

相談・カウンセリングを行っていると、

「公共の相談・支援機関では・・・」
「病院では・・・」
など、それまでに受けた助言などを伝えてくれる保護者の方が見えます。

その助言が、すっきりとはしていない、なかなか変化が見られない・・・
だからこそ、相談に来ていただいたのだと思います。
私なりの支援法や対応を提案させていただきます。

これからどのようにしていくのかは、本人と保護者の方で選択していただければと思います。
何よりも、選択肢が増えることは「確かな支援」につながっていくことになると思うのです。

先ずは公共の相談・支援機関に行っていただいくことをお勧めすることにしています。
当相談室はセカンド・サードオピニオンとしての「存在」でありたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 通級終了後の支援 | トップページ | 小学校SCとの引き継ぎ »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカンド・サードオピニオンの重要性:

« 通級終了後の支援 | トップページ | 小学校SCとの引き継ぎ »