« 「依存症」と「家族」 | トップページ | ポリヴェーガル理論(試論)その1 「耐性の窓」=「おだやか領域」について »

ポリヴェーガル理論について

心理学や脳科学も日々の新しい「理論」により「上書き」されています。

私にとってはとても新しい「ポリヴェーガル理論」を学ぶ中で、

 

「こころとからだはつながっている」ことをメインに「こころの授業」を行ってきたことも

朝、学校に行こうと玄関を出ようとすると「嘔吐」する子への支援も

「自傷」や「過食と嘔吐」を繰り返す中学生へのカウンセリングも

「ラポール」を単なる「信頼関係」と考えていたことも

「安心」がその人の「認知」によるものであると思っていたことも

「トラウマ」についてのとらえかたも

「リラクゼーション」についての理解も

「依存症」の機能についても

 

大きく私の中でも「上書き」されることになりそうです。

十分な理解は「途上」なのですが・・・

 

このブログを通して、自分なりの考えを伝えられたらと考えています。

(ほぼ、1年ほったらかしでしたが、相談室の「シンクタンク」にしていきたいと思っています。)

 

 

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 「依存症」と「家族」 | トップページ | ポリヴェーガル理論(試論)その1 「耐性の窓」=「おだやか領域」について »

「ポリヴェーガル理論」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「依存症」と「家族」 | トップページ | ポリヴェーガル理論(試論)その1 「耐性の窓」=「おだやか領域」について »