« 「寄り添う気持ち」 | トップページ | 箱庭のストーリー »

不登校・登校しぶりに対する「スモールステップエクスポージャー」

小中学校で、不登校や登校しぶりの子どもたちに、徹底したスモールステップでの「エクスポージャー(暴露法)」を実施しています。

たくさんの子どもたちが、「今ここから」スタートして「勇気ある前進」を見せてくれています。

私は、前衛として引っ張っていってあげたり、後衛として背中を押してあげたりするだけです。

少しずつ「レベルアップ」していく子どもたちは、RPGの主人公のようにさえ思えます。

「ドキドキメーター」(今の不安度を数値化するゲージ)を手にして、自分のHPを確認しながら、階段を上り、教室の前に立ち、教室に入っていく姿は、どの子も「勇者」のようです。

彼らは精一杯がんばっています。

だからこそ、「教室」はもっと「学ぶことが楽しいところ」でなければいけないし、その責任は担任や学校にあると思うのです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

 

 

 

 

 

|

« 「寄り添う気持ち」 | トップページ | 箱庭のストーリー »

いとう発達・心理相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「寄り添う気持ち」 | トップページ | 箱庭のストーリー »