カテゴリー「臨床発達心理士」の記事

〇か×でなく

知り合いのスクールカウンセラーから、WISC4の解釈について相談を受けました。

私も少し関わらせていただいたお子さんの検査結果についてです。
ある下位検査の結果が極端に低いことをどう解釈したらいいかわからないとのことでした。
(もちろん守秘義務等の関係でお子さんのことも、検査項目・内容なども具体的には書けませんが・・・)

彼女の書きこんだ検査用紙には、大変詳しく検査時にお子さんがどのように正答したのか、どんな誤答をしたのかが書かれていました。

問題となった下位検査を一問ずつ2人で見直していくと、単に正答・誤答というレベルではなく、どのような方略で解答を導き出しているのかが明らかになってきました。また、プランニングや注意の「特性」も仮説レベルではあるのですが見えてくるのでした。

その後は、その仮説を踏まえて、お子さんの担任と3人で今後の支援について話をさせていただきました。

検査は〇か×かだけでなく、その子の「認知特性」=「がんばりかた」を見定め、どのようにアシストしていくかを大事にしたいものだと改めて思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです「本日第4位♪」⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どんな支援が「適切」なのか?

今日は巡回相談でした。

特別支援の必要な児童への「支援の方略」をアドバイスすることが私の本来の仕事なですが、
今日は、明らかに「愛着形成」の課題が見えるお子さんでした。

いわゆる、大変困った「問題行動」も、その子にとっては「メリットの法則」に則っていたのでした。それらの「行動」の原因が明らかになれば、対応策も明らかになるものなのです。

どんな支援が必要なのか、家庭環境を、保護者を、「変えられない」のだとしたら、学校が、担任が何ができるのか・・・

先ずは、本人の「自己有用感」を高めていくこと、そのためには「集団学級作り」が必須であること。クラスの友だちや担任に「ありがとう」と言ってもらえるような経験がとても重要であること。そのための仕掛けを意図的に担任が仕掛けることが大切であることなどと、アドバイスさせていただきました。

また、クラスの友だち同士が、丸ごと「認め合える」そんな関係作りが大切であることなどもお話しさせていただきました。
「特別な支援」は実は「個人」に対してよりも、ずっと「集団」に対しての方が有効なのだと考えています。

「自己有用感」は一旦他人を通することを経ないと獲得できないものです。そして「自己有用観」なしには「自己肯定感」は成立しないと考えています。

子どもたちの「しんどい」状況を、しっかりと分析し、できることからこつこつと長い時間をかけながら「支援」することが今求められているといえます。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあず、自らの「愛着形成」を振り帰ってみること

岡田尊司著「発達障害と呼ばないで」(幻冬舎新書)を読みました。

「愛着障害」については、「発達障害」と共にずっと関心を持ってきたキーワードです。

「発達よりも愛着が幸福を左右する」(P92)の見出しに、大いに賛同するのです。

子どもたちの「今の姿」を高いモーメントから「見立て」をするのではなく、自らの「愛着形成」を振り返りながら、子どもの「それ」に寄り添うことができるのか・・・
そこが一番の「支援のスタート」だと思うのです。

本書の内容については読んでいただくのが一番なので要約は省きますが、読後、何よりも自分自身を分析できなければ、「支援」の立場にはまず立てないと思ったのです。

とても私的なことですが、私は年長の年まではきっと誰にも負けないぐらい幸せだったのだと思うのです。その次の年、4才上の兄が白血病の発病し、亡くなるまでの3年とその後の父との別れ・・・
それからの気丈な母の「愛情」が、今の私の「愛着形成」だったと思うのです。

小学1年生の時に50円玉を握って即席ラーメンを1人で買いに行って食べたことも、
兄が亡くなってから、「天才気質」の兄と比べることもなく「不出来」な弟を精一杯愛して女手一つで育ててくれた母がいたことが・・・

これまでの巡回訪問で、母親支援が決定的な解決策になるケースは山ほど経験してきました。

「愛着形成」が「できない親」と、「してもらえない子」への「支援」は高いところからではなく、同じ「幸福や不幸」体験からスタートしたほうがいいのだと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この秋のテーマ

この秋、取り組みたい「テーマ」は以下の3つです。

その1
11月12・13日に開催される「DN-CAS講習会」のための予習&復習

その2
愛着障害と「回避生」愛着障害

その3
「認知特性」とそのアセスメント

ここで還流できるように頑張ります♪

参考文献はリンクが右にある「BOGEYの本棚」で順次に・・・

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その4

4本目の実践発表は、「漢字の書きや作文が苦手なASD傾向の小学生への指導について」で寝屋川市の三宮先生の発表でした。

こだわりが強く、感情のコントロールが弱く、自己肯定感が低いお子さんへの学習指導を中心とした取り組みでした。
KABC-2の詳しい検査結果を、細かいお子さんの反応も含めて分析されており、その分析から支援方針を綿密に計画された取り組みでした。

社会性やセルフコントロールに課題があることから、指導者は
・ゆったりとした気持ちで話を聞く
・得意なこと、興味を持っていることから始める
・課題を無理に押し付けず長い目で見る
ことを心掛けながら、
・書くことに慣れる
・見る力を伸ばし細部にも注目できるようにする
・順序立てて話す力を付ける
を当面の目標として取り組んだとのことでした。

ていねいで粘り強い指導を積み重ねることで、学習に前向きに取り組めるようになり、自己肯定感も育ってきたとのことでした。

最後に「ゴールは目指させるけれど、ゴールテープは本人に切らせたい」と話された、三宮先生の温かい思いが伝わってくるような発表でした。

また、発表の中で紹介された、「きくきくドリル」「リズム漢字」「5分間文章読解ドリル」などの書籍は早速取り寄せて、自分の教室でも活用していこうと考えています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その3

3本目の発表(2日目)は「聴覚から視覚への情報処理変換過程に課題を認める小2男子の読み書き計算指導」地元福山市の石川先生の発表でした。

アセスメントはWISC4、K-ABC2、VMIの3つで以下のことが明らかになったとのことです。
・年齢相応の言語能力がある。
・図形刺激に対する視覚認知処理能力に比べると有意味刺激に対する認知能力は高い。
・言語を視覚に置き換えて記録することが難しい。

このことを元に、
・得意な言語を充実させるための「遊びの中での言語活動」
・漢字イラストカードを使って意味と漢字をつなげる
・「お金のタイル」で1対1対応学習
などの取り組みを行ったそうです。
その結果、国語についても算数についても理解が深まったとのことでした。

検査結果を大変詳しく分析することで、具体的な指導の方略を明らかにしていくことは、現場の教師にしかなかなかできない事なので、私にとって大変参考になる実践でした。
フロアから「継時処理の中では聴覚的短期記憶は機械的な処理をする場合は言語的短期記憶、作業動作の標準範囲だが、視覚的な短期記憶が弱い。」という論文記述に関して、カウフマンモデルとCHCモデルの違いのとらえ方が間違っているのではないかとの意見が出されていましたが、私には何のことやら全くわかりませんでした。

でも、とても具体的な「実践」と「理論」が近いところで討議されている学会であることは私にもわかりました。
その4に続きます

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その2

2本目の研究発表は「K‐ABC2を活用した年長児への円滑な就学を目指した保育活動」徳島県海陽町の濱野よしの先生の実践でした。

人口1万人の海陽町には40名の年長児がおり、その全員にK-ABC2を実施して、個に応じた就学支援や保育活動を行っていくとのことでした。
濱野先生は就学前個別児童教室「のびのび教室」の担当で、町内の全4園を対象に「巡回のびのび教室」も担当されています。
巡回では、各園全19回のプログラムの集団保育活動を担当されており、その内容は保育5領域と小学校での関連教科を意識したもので、SSTにもなるプログラムであるとも感じられました。
担任の保育士は担当する園児の反応や様子を客観的に観察しながら、保育内容・指導方法も学ぶというOJTにもなっています。
行政区全体の保育レベルの向上にも大いに貢献している活動であるといえ、就学前支援の取り組みの「パイオニア」であるとさえ感じました。

実はこの時、悉皆のK‐ABC2検査に驚いていたのですが、翌日の研究発表で知り合った東京都町田市の心理士さんとの話でもっと驚きました。
町田市は就学相談対象児全員に知能検査を実施していること。町田市は人口約43万人。ですからおよそ300人に田中ビネーやK‐ABC2などを実施しているということになります。つまり町田市は、それだけの予算を就学相談に充てているということです。
子ども一人一人に適した就学先や支援内容を検討することは、それだけ大切なことだと位置づけられていることを羨ましくさえ感じました。

その3に続きます。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第19回 日本K-ABCアセスメント学会」に参加して その1

8月20日21日の2日間、「第19回 日本K-ABCアセスメント学会~広島・福山大会~」に参加してきました。

昨年度の私のテーマは、「支援学級でのタブレット端末の活用」(東大先端研・ソフトバンク主催の「魔法のプロジェクト」への参加)でした。
ここでの経験は私にとって大変有意義なものでしたし、プロジェクトに参加されていた方々との交流はそれ以上のものとなりました。

今年度のテーマは「アセスメントのスキルアップ」です。巡回ではWISC4を、就学相談ではDAMやPVT-Rなどの検査を行っているのですが、K-ABCやDN-CASについては検査資格もスキルがありません。
K-ABC学会への入会では「魔法」でご一緒した齋藤先生(学会理事)に紹介していただきました。

さて、今回の学会では4つの研究発表を聴きました。
1つ目は「集中トレーニング」「3ステップ聞くトレーニング」などの著書がある、上嶋惠先生(子どもの教育研究所)の「こだわりや不安が強く集団傘下に支援が必要な双子幼児への行動改善を重点にした指導例」でした。
姿勢の維持、図形認知、感覚認知に問題があると考えられるA児と衝動性と何らかの視覚もしくは感覚に問題がるとがんが得られるB児への取り組みの紹介でした。
「学習姿勢の基本」「読み書きの基本」「指示への対応」「ことば・数などの学習」「学習のスピードアップ」を系統的に取り組んだ報告でした。
指導内容は著作にも詳しく書かれているもので、パッケージとして確立しているのもです。
フロアからは「名人芸」との発言もありましたが、そうではなく誰でも取り組め、どの子にも有効な支援法だと思いました。就学前に必要な力は何なのかをこの発表で再確認させていただきました。

終了後、少しだけ上嶋先生に、私が就学相談で感じていたことと今回の発表との共通性をお話させていただきました。

その2に続きます。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知行動療法について

CSの放送大学で昨年度放送されていた「認知行動療法」の再放送が今週行われています。

今一度学び直し、しっかりと「臨床」に生かしていきたいと考えています。
第1回はオリエンテーション
第2回の目玉は「どんな行動をターゲットとし、どう取り組むのか」でした。
学んだことはこちらで報告させていただきますね。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WISCV

やっとこさで、わが自治体ではWISC4を本格導入開始!

でもね、
検査できる人が少なすぎなのです・・・

なのに、本場アメリカではこの秋に「V」が出るんですね

WISCVのサイトは

元気いっぱいなのでした

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

続きを読む "WISCV"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧