カテゴリー「考えたこと・心に残ったこと」の記事

次の「支援」のスタートに必要なこと

巡回担当校のコーディネーターから電話が入りました。

今年度、観察・相談をさせていただいているお子さんについてです。
校内の対応だけでは「限界」に来ているとのこと・・・
次のステップに繋ぐために必要なことは、
親ごさんとの「想い」の共有なのだということをお話しました。
相互理解と相互受容は「親ごさん」にも「学校」にも必要だということが、
なかなか「現場」には理解できにくい部分があるのですが、
そこはしっかり努力してもらわなければ、子どもたちの明日は見えてこない・・・

私が訪問できるのはちょうど1ケ月先になります。
それまでに、どこまでできているのか・・・
先生にも「宿題」を出しておきました。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教え子たちからの年賀状のひとこと・・・

教え子たちからの年賀状のひとこと・・・

「6年生の頃を思い出して、先生のような教師になれるよう、がんばります!!」
「先生の教え子って何人ぐらいいるんでしょう?僕もその1人になれて光栄です。」
「娘がギターを習い始めました♪うまくなってくれるとうれしいな♪」
「前に言ってた彼とやっと結婚しました!またいろいろお話したいです。」
「今年私は成人式です、大きくなった姿を先生に見せたいです」
「今年は次男が成人式を迎えます。」
「結婚しました!これからは2人で仲良くがんばります。」
「上の子が受験、下の子は陸上を始めました。」
「結婚して1年を迎え、何とか主婦と保育士をやってます!!子供ども相手の仕事は楽しいです♪」
「お久しぶりです。また、同窓会企画しますネ」
「もうすぐ31歳です。元気に作業所に通っています」
「無事に内定先も決まり、4月からは社会人です。」・・・

支援級の子たちも、通常級の子たちも、みんなそれぞれ素敵な人生を送っていること・・・
38年間教師をしていて、本当に幸せだったこと・・・

今、実感できることに、本当に感謝です!

(おことわり:FBとのダブルポストです!)

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エコグラム・ジェノマップ」

毎年この時期に、巡回担当者の研修会があり、そこでは「エコグラム・ジェノマップ」を使ってのケース検討を行ってきました。

今年は何もかもが「ラスト」なので、この研修会も最後になります。
今年は特別支援教育指導者養成研修も兼ねていたらしく、参加者はいつもの倍以上でした。

ケース提供者の数分の報告を受けてから、各グループで質問や「強み」、明日からできる支援策を考え発表していきます。

「エコグラム・ジェノマップ」を作成しながらのケース検討は大変有効な方法だと思います。

実際に巡回先の校長室にホワイトボードを持ってきてもらってケース検討をしたこともありました。

後輩たちに伝えていきたいことの一つとして、これを挙げておきます。

いっつも講師をしてくれていたPSWのUさんにも感謝です♪

また、どこかで会えること楽しみにしています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンスを拡げること

大学時代から専門は「発達心理学」だったのですが、ここ数か月スタンスを拡げて「心理学全般」を学んでいます。

今まで学んだことの「基礎」であったり、「違う見方」であったり、「エビデンスの再認識」であったり、「未知との遭遇」であったり、本当にいろいろ感じることが多くありました・・・

「学校」という狭い社会からスタンスを拡げることは、
私自身の新しいスタートにとっても、意味深いものだと思っています。

現場で「必死に」がんばっている後輩たちには、
「なかなか目の前の事しか見えないかもしれないけれど、楽しかったことしか残っていかないんだから、実になっていかないんだから、何をやるにしても、子どもたちの笑顔が見られるものにしないとね。」と話していました。

スタンスを拡げること・・・
支援者は常に心したいと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初の一等賞

6年生のYくん(ダウン症)の最後の「運動会」でした。
そして私にとっても、教員生活最後の「運動会」でした。
徒競走は100m。
これまでは、10mほどのアドバンテージをもらって参加するもダントツの最下位。
今回は、交流学級の担任の提案で、ゴールで競り合うぐらいのアドバンテージをもらうことになりました。もちろん、クラスの子どもたちも了承済み。

スタートラインに立つと、ぽつんと1人だけ前に入る感じでした。

そして出発の音!

あっという間に、大きな差は縮まっていきます。

ゴール間近は、Yくんを応援する大きな歓声で沸いています。

さすがに、今回も・・・と思った瞬間

Yくんのギアがオーバートップに入ったのです。

今まで見たことのないスピードで、

Yくんは笑いながらゴールテープを切ったのでした。

会場は、大きな歓声が続いていました。
応援しに来てくれた、保育園時代の先生も、放課後デイの友だちも、自分のことのように喜んでくれていました。

Yくんにとっても、Yくんのご家族にとっても、私にとっても、
生涯忘れることのない、「瞬間」になりました。

もしかすると、人生には、誰にも「輝かしい瞬間」が用意されているのかもしれません。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バトンタッチ

本年度で「退職」します。

たくさんの素敵な「後進」たちに後を託します。

先日の宮古島での「サンセットシーカヤックツアー」でご一緒した方は、
本年度新規採用された小学校教諭のルーキーでした。

多くを語ることはできませんでしたが、このこともとても印象的だったのです。

P1030559

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、とても励みになります♪

⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族のしあわせ

今学期、最後の巡回訪問でした。

ここ2年で随分「状態像」が改善されたお子さんの「保護者相談」でした。

「おだやか」にすごせる今だからこそ、「自己評価」をあげて「自信」を持たせてあげること、「困った時」にどうしらたうまくいくかの「術(すべ)」を身につけさせてあげること。
などをお話しました。

あと、一番大切なこと・・・

小学校の今だからできる、「家族で楽しむこと」をいっぱいすること。

直接、「特別支援」とは、関係ないのかもしれませんが、
親と子がうんと素敵な「笑顔」ですごせる、時間は、
「自立」にとって最も重要なことの一つだと思っているからです。
そして、そんな「素敵な時間」は「家族のしあわせ」だと思っているのです。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

120万アクセス大感謝!

2007年11月25日からスタートしたこのブログの総アクセス数が120万を超えました~♪

足かけ10年、このブログを通じて知り合えた方がたくさんいますm(__)m

実際にお会いでき、いろんなことをお話しできたことも、私の大きな財産です。

教員免許更新講習で地元の国立大学教授の話を聞いたら、彼の著書の「参考文献」の中に、なんとこのブログ発見!なんてこともありました。

とりあえず、教員生活のラスト10年を、このブログと共にがんばってこれたことに、
「自分を褒めて」あげたい気分です。

そして、新しい目標に向かって、スタートします!

200万はそう遠くない未来ですよね(^_-)-☆

(私のFB調な口調の記事でごめんなさい~♪最近いろんなことがありすぎて、ちょっと調子に乗っているのです(*^^)v)

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不適切な行動」を強化しているのは・・・

だれが見ても「不適切」だと思われる行動をした子がいたとします。

その行動を「強化」し「常態化」させているのは、その行動に「適切な反応」をしていない支援者である可能性が高いことに十分に気をつけなければならないと思っています。

「不適切」な行動に対する感情的・情動的な「注意や声かけ」が子どもにとっての「ご褒美」になっていることを自覚していない支援者が多いことが、残念でなりません。

実は先日、心理職の「プロ」と言われる人が、そうゆう「反応」をしていることを目の当たりにしたのでした。
これは、とても残念だと思っただけでなく、腹立たしくも感じたのでした。

「なぜ、そのような行動をするのか?そしてその行動はその子にとってどんなメリットがあるのか?」
そのことを、常に冷静に分析し、どのような対応が適切かを考えていくことが大切なのだと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「WinWinWin」の関係

今年度も残すところ、あと3回の巡回訪問で終了です。

今日の学校訪問は、残念ながら、2学期の観察時よりも「状態像」が悪化しているケースでした。

親ごさんの「相談希望」もあり、観察&ケース会議&保護者相談となりました。
「願い」や「想い」は、管理職にも担任にも親ごさんにも、それぞれあるものです。

それぞれの思いを「実現」するために、大切にしなければいけないのは、

やっぱり本人の「願い」だと強く感じたケースでした。
「学校」も「親」も「子ども」もみんな「Win」になるために必要なことは・・・

実は「小さなことからコツコツと・・・」なのでした。

これで「WinWinWinの関係」の成立のはず!
もちろん目論見通りにならなかった時の、「プランB」も用意してからの、
結構な「エンカレッジ」なのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧