カテゴリー「考えたこと・心に残ったこと」の記事

120万アクセス大感謝!

2007年11月25日からスタートしたこのブログの総アクセス数が120万を超えました~♪

足かけ10年、このブログを通じて知り合えた方がたくさんいますm(__)m

実際にお会いでき、いろんなことをお話しできたことも、私の大きな財産です。

教員免許更新講習で地元の国立大学教授の話を聞いたら、彼の著書の「参考文献」の中に、なんとこのブログ発見!なんてこともありました。

とりあえず、教員生活のラスト10年を、このブログと共にがんばってこれたことに、
「自分を褒めて」あげたい気分です。

そして、新しい目標に向かって、スタートします!

200万はそう遠くない未来ですよね(^_-)-☆

(私のFB調な口調の記事でごめんなさい~♪最近いろんなことがありすぎて、ちょっと調子に乗っているのです(*^^)v)

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不適切な行動」を強化しているのは・・・

だれが見ても「不適切」だと思われる行動をした子がいたとします。

その行動を「強化」し「常態化」させているのは、その行動に「適切な反応」をしていない支援者である可能性が高いことに十分に気をつけなければならないと思っています。

「不適切」な行動に対する感情的・情動的な「注意や声かけ」が子どもにとっての「ご褒美」になっていることを自覚していない支援者が多いことが、残念でなりません。

実は先日、心理職の「プロ」と言われる人が、そうゆう「反応」をしていることを目の当たりにしたのでした。
これは、とても残念だと思っただけでなく、腹立たしくも感じたのでした。

「なぜ、そのような行動をするのか?そしてその行動はその子にとってどんなメリットがあるのか?」
そのことを、常に冷静に分析し、どのような対応が適切かを考えていくことが大切なのだと思うのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「WinWinWin」の関係

今年度も残すところ、あと3回の巡回訪問で終了です。

今日の学校訪問は、残念ながら、2学期の観察時よりも「状態像」が悪化しているケースでした。

親ごさんの「相談希望」もあり、観察&ケース会議&保護者相談となりました。
「願い」や「想い」は、管理職にも担任にも親ごさんにも、それぞれあるものです。

それぞれの思いを「実現」するために、大切にしなければいけないのは、

やっぱり本人の「願い」だと強く感じたケースでした。
「学校」も「親」も「子ども」もみんな「Win」になるために必要なことは・・・

実は「小さなことからコツコツと・・・」なのでした。

これで「WinWinWinの関係」の成立のはず!
もちろん目論見通りにならなかった時の、「プランB」も用意してからの、
結構な「エンカレッジ」なのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000人の子どもたちとの出会い

教師になって37年経ちます。

担任した子どもたちが、約1000人。
巡回訪問や就学相談で出会った子どもたちも、約1000人になりました。

この2000人の子どもたちと、その親ごさんたちが
教師としての私を「育て」てくれたのだと実感し、感謝しています。

あの子との「出会い」があったから、
今の私が、「ここにいる」と思うのです。

どれだけの恩返しができたのか・・・
これからどれだけ、できるのか・・・

まだまだ、私の「宿題」は終わりません。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ名変更のお知らせ

ブログ名の「自閉症スペクトラム児」も「発達特性児」もなしにしました!

結局
この子は
この子でしか
表せないのです!

この子だからこその
「頑張り方」を応援していくことしかないのです!
それが「支援」なのだと
改めて確信したから・・・

ブログ名の変更です!

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子どもの「記憶」に残ること

私ごと、ではあるのですが・・・

地元では、ここが一番という「肉バル」に家族で行きました。
高校時代の同級生のやっているお肉屋さんが、お肉を提供している「肉バル」です。
そのお肉屋さんはあの「伊勢志摩サミット」で自慢のソーセージを提供し、金賞を取ったこともある有名なお店です。

チェックをしに行くと、そこにいた従業員さんが、
「あ!先生」と声をかけてくれました。

担任した子なら、ほとんど覚えているのですが、名前を聞いても思い出せません。
正直に聞いてみると、「お兄ちゃんが隣のクラスでした!」
「ん?じゃあ、なんで覚えているの?」
「自習の時に、一度来てもらいました!その時にしてもらった『でんでんむし(指遊び)』を覚えています」

なんだか、夢のようなとてもうれしい話です。
子どもの「記憶」に残ることって、
「楽しいこと」なのだと改めて、感じるのでした。

どれだけ、「楽しいこと」を提供できるか・・・
それが、教師の最大の「課題」であり、「生きがい」なのだと、思ったのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「発達障害」という語句について

「発達障害」という語句について

という記事を書こうとして、管理者ログインをしたら、
申し訳ないことに、お二人の方のコメントに気が付いていないことが判明・・・
「あっきー」さん「赤根」さんすみませんでした<m(__)m>
とりあえずお返事は書きましたので、また読んでくださいね。

実は、お二人のコメントと私がこの記事で書こうとしていたことは、とても似ているのです。

「発達障害」と診断されて、親御さんがどんな思いになるのか、お子さんはどう感じるのか、本当は「診断名」ではなく、未来への「希望」だと思っているのです。
「障害」という言葉を言い換えて、「発達に特性がありますよ」と言われても、もしかすると同じだとも思ったのです。(言葉を薄めるだけでは、意味がない)

その子の、「苦手」や「困り感」を明らかにし、それを踏まえたうえで「長所」や「得意」をどのように生かし、どのような「未来」を提示することができるのか・・・

このことに真摯に粘り強く取り組んでいく「支援者」を1人でも多く育てていかなければいけない。
これからの1年と1学期の私の「課題」でもあります。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス♪

メリークリスマス♪

子どもたちへの何よりのプレゼントは・・・

「ありのまま」の姿を認めてあげること

そこからでなければ

安心して伸びることは

できないのですから・・・

ブログランキングに参加しています。ぽっちとクリックしていただけると、「強化子」&「クリスマスプレゼント」になるのです(^^♪⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UP TO DATE

TBSラジオが聴取可能な方は、是非とも1月14日(12月24日から変更になったとのこと)の朝8:16から5分間の「人権TODAY」をお聴きくださいね♪

「病気の子どもたち」のためのNPO法人についての内容です。
もしかすると、いっつも応援している「親友」と「子どもたち」の歌声が聴けるかもなのです~~♪

ここ三重ではTBSラジオは聴くことができないので、何とかネットで聴こうと調査中なのです~~~(^_-)-☆







 

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園での取り組み

就学相談のための幼稚園・保育園への巡回訪問がやっと終わりました。

学期中は幼稚園、夏休みに入ってからは毎日のように保育園を訪問していました。
年々相談件数は増え、訪問回数も当然増えています。

今日は園からの依頼で、就学相談にのせることができなかった園児についての観察・相談を行ってきました。

訪問した園は、何回も訪問しているので、大まかな園児たちの様子は知っているつもりだったのですが、対象の子にフォーカスを当ててみると、やはりその子なりの「しんどさ」が見えてきます。

そのことと同時に、担任の先生のその子に対する支援も見えてきます。目配りだとか声かけはもちろんのこと、ちょっとしたトラブルを見過ごさずに、きちんと「介入」しています。

大事なことでは、活動を止めて、クラス全員を円にしての「サークルタイム」にします。
「じゃんけん列車」で後出しをした子がいると、先頭の子を責め始めた子がいたからです。

「なんで後出しになったんやろう?」と担任の先生。
後出しをした子を単純に「責め」ていた子たちは急に考え出します。
いろんな意見を聞いた後に、
「じゃあ、もういっぺんじゃんけんしてみ」と先生。
させてみると、2人とも声を出さずにそれぞれのリズムで出しているので合いません。

「あ、じゃんけんポンっていわんからや!」と気付く子たち。
一件落着して、またじゃんけん列車が始まります。今度は負けた子が先頭・・・

就学前の「早期支援事業」や就学後の「通級」などへ、どうつなげるか、ということも大切だけれども、毎日のこういった取り組みこそが、社会的なスキルやコミュニケーション力の向上を培っていくものだと、後でお話をさせていただきました。

昔「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」なんていうベストセラーがありましたが、正にその通りだと思ったのでした。
毎日の園での活動の中で、人との関わり合いを学んでいくことはとても大切なものだと再確認したのでした。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧