カテゴリー「「生活スキル」学習」の記事

買い物学習1 簡単な買い物ごっこ

Img_1185

生活単元の時間に「簡単な買い物ごっこ」をしました。

手持ちのお金は10円玉で100円。

30円のラムネ菓子

50円のトランプ

70円のちっちゃい絵本

お店やさんとお客さんを交代しながら、買い物をしました。

お店やさん役の子からは、自然と「ありがとうございました」の元気な声が聞こえてきます。

Img_1183_4

 10円玉を一枚一枚ていねいに数える熱心な姿がたくさんみられました。

 ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「安全ピンをはずす・はめる」

Img_1029

自分の名札を苦も無く、はめたり外したりすることができる子もいますが、細かい力加減が難しい子もたくさんいます。

最初から小さいピンではなく、さまざまな大きさの安全ピンを用意することで、難易度を下げて取り組みやすくしています。

また、バックワードチェイニング(動作の最後の部分からスモールステップで取り組んでいくこと)はとても有効でした。

具体的には、以下のような逆の順序です。

止めが外れているピンを服から抜くことができる→止めを外すことができる⇒止めをとめることができる→針を服にさすことができる→止めを外すことができる

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホッチキスを使う」

Img_1035

試してみないと、わからないことがたくさんあります。
ハサミは日常的に使うことが多いため、ほとんどの子が上手に使えるようになっていますが、ホッチキスは勝手が違うようでした。
Bさんはとても上手にホッチキス本体の先の方を親指と人差し指で挿んで紙をとめることができました。
紙の枚数を16枚まで増やしてみても、左の親指と人差し指をそれぞれ重ねて、しっかりと力を込めて綴じることができました。

Img_1038

Cさんはホッチキス自体を閉じることができずに2枚の紙でも最初はこんな感じでした。
こんな時は「半分の力で綴じられる」ユニバーサルデザインのステープラー(ラッチキス:コクヨ)の登場です。
使いやすい道具を使うというのも「生活スキル」の一つだと思っています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自動販売機で品物を買う」

Img_1144

支援学級での休み時間の一コマです。

子どもたちが、私の作った自動販売機のおもちゃで遊んでいます。

きちんとお金を入れると、ラムネ菓子が入っていた、ちっちゃな「缶ジュース」を取り出し口から友だちが出してくれます。

硬貨を片手で持って、それを片手だけで投入口に入れることは結構難しいようです。(写真のAさんは両手を使っていますね。)

調べてみると粗大運動が得意なお子さんでも、この片手投入は結構難しいようでした。また、片手だけで硬貨を何枚か拾い上げるという動作も同じように難しいようです。

手前にちょっと写っているのは電車の券売機のおもちゃです。(こちらは投入口が縦に空いています。)

単なる訓練だとちょっと「やだなあ」と感じることも、遊び感覚で楽しみながら取り組んでくれています。

ブログランキングに参加しています。

1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新カテゴリー:「生活スキル」学習

新カテゴリーを作りました。「生活スキル」学習という名前です。

今私たちの支援学級で取り組んでいることをまとめていきます。以前の記事で関連するものもこちらにまとめていく予定です。
また、今までのカテゴリーで記事数が少ないものは順次、他のカテゴリーに編入してより見やすいものにしていこうとも思っています。
これからも、よろしく!

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭・社会生活のためのABA指導プログラム

購入したのは1年以上前ですが、今私たちが支援学級で取り組んでいる「生活スキル」学習のベースになっているものです。

これはアメリカの家庭療育のベストセラーだそうです。

確かに、スキル獲得のためのスモールステップと理論がきちんと示されています。

取り組みで大切なことは、ここに書かれている内容をどのように1人1人の子ども用にカスタマイズするか、と言うことです。

チェックリストだけでなく教材・教具作りにも工夫がいりそうです。

教室で取り組めることもあれば、家庭で取り組んだ方が効率的な項目もあります、それぞれが協力し合いながら少しずつ取り組んでいきたいと考えています。

この書籍は2回目のレビューです。前回の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親ごさんのご意見ー生活スキルチェックー

支援学級の親ごさんから、生活スキルチェックへのご意見をたくさんいただきました。
お子さんへの思いや、私たちへの期待もたくさん込められたものだと思います。
以下に紹介します。

折紙ができる。
予算内で買い物ができる。
人の話を聞く。
色塗りをはみ出さずにする。
電話をかけて用件を伝えられる。
電話をとって用件を聞ける。
公共交通機関を使って移動ができる。
余暇を楽しむ(好きなあぞび、趣味)。
アナログ時計が読める。
時間を意識して行動・作業をすることができる。
電卓が使える。
パソコンで簡単な作業ができる。
支援者や友だちの名前を覚える。
自宅の連絡先が言える・書ける。
道に迷ったり、困ったりしたときに人に聞くことができる。
くつをそろえることができる。左右の区別ができる。
勝負で負けを認めることができる。
困っている子に声をかけることができる。
進んであいさつをすることができる。
助けてほしい時に伝えることができる。
お湯と水を調節しながら適温にできる。
災害について理解することができる。
自転車に乗れる。
など

これで、リスト完成。
これからはいろんな活動の中で、しっかりと取り組んでいきます。

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活単元学習とAAPEP その2

チェックリストの原案が完成しました。

新学期が始まったら親ごさんにこのチェックリスト(案)を見てもらい、ご意見をお聞きすることにしました。
我が子にとって優先的に取り組んでほしいと思う項目や、リストにはないが学校で取り組んでほしいと思う項目などをお知らせいただき、リストを仕上げたいと思っています。

原案はこちら↓
「skillcheck.xls」をダウンロード

このブログの読者さんからもご意見・ご感想などありましたら、お聞かせくださいね。

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活単元学習とAAPEP その1

この夏は、支援学級担任の3人が「生活単元学習」のカリキュラム改訂に本腰を入れています。
県や市での研修会に3人で一緒に参加しながら、それぞれの考えを出し合いました。
3人の共通理解部分を増やしながら、支援学級での取り組をより具体的なものにしていく話し合いをしました。

「やっぱり、きちんとしたスキルチェックの必要があるよねえ。」と相棒の1人が言います。
「じゃあ、やっぱりこれを参考にしましょう。」とAAPEPを私が提案します。
「これ、大まか過ぎるところと、細かすぎつところがある」ともう一人の相棒が言います。
「その通り!んじゃあ、アレンジしましょう。」と私

相棒と相談しながら、私がエクセルでAAPEPをもとにしたオリジナルチェックリストを打ちこんでいきます。
一つ一つの項目を作るにも、子どもたちの今の様子を想い浮かべながら相談すると、支援の方向性も見えてきます。

会話の中に名詞や動作や場所を表わす言葉は入れられても、時間や前後などを表わす言葉は難しいこと。理由や原因を表わす言葉はそれ以上に難しいこと。
「Aさんはこのへんかな、Bさんはこれはできるね。」と話しながら作っていきました。

きちんとできあがったらこのブログでもアップしますね。

ブログランキングに参加しています。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAPEPを学習課題に Part6

AAPEPを学習課題に Part6

このブログでリンクさせていただいている「エルの引き出し」というブログで、お子さんが受けたAAPEPの結果からこれからの取り組みの方向をまとめている記事がありました。この記事は、大変参考になるものだと思うので紹介させていただきます。

課題の優先順位を決め、スモールステップで取り組むことがとても大事だと思います。

あまりあせらずに、お子さんにも、おやごさんにも無理のない取り組みが成果を生む秘訣だと思います。

記事はこちらからどうぞ→エルの引き出し

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)